熊野古道12 赤木越 大日越

熊野古道12日目は、昨日通った発心門までバスで引き返し、赤木越と大日越を越えて本宮大社まで。
ねらいは、その途中にある湯の峰温泉のつぼ湯。 なんと温泉が世界遺産に登録されているらしい。
つぼ湯は小さな温泉だが、硫黄臭が強く良い温泉だ。昔の法華院温泉とを思い出した。

熊野古道は日本人より欧米人の方が多い。
今回の峠越えで十数人に出会ったが、すべて欧米人だった。

熊野古道巡りはこれで終わり、次は大峰山の登山口である洞川だ。
狭い山道を延々と走りやっと到着。
事前に電話で2つのゲストハウスを確認したが満員や休みと事。
現地でも、2つ確認したが休み・・・ 結局車中泊
車中泊場所はインターネットの電波が弱くギリギリの状態。
PCのバッテリーは長持ちしないので、小さなインバータを使って電源供給。
エンジンをかけておかないと使えないので便利悪いが、車中泊に必須のツールだ。

170425IMG_0768.jpg
発心門バス停からスタート

170425IMG_0774.jpg
昨日通った赤木越分岐  ここから左に行く

170425IMG_0786.jpg
空海像近く行く欧米人   この峠越えで十数人に出会ったが、すべて欧米人だった

170425IMG_0793.jpg
湯の峰温泉に到着

170425IMG_0800.jpg
公衆浴場の受付でつぼ湯のチケットを買う  30分で720円とやや高め

170425IMG_0806.jpg
世界遺産つぼ湯 小さな温泉だが硫黄の臭いが強い 

170425IMG_0797.jpg
つぼ湯のすぐ上に大日越への登り口がある

170425IMG_0819.jpg
鼻欠地蔵

170425IMG_0824.jpg
もうすぐ本宮大社
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mkiyo11.blog.fc2.com/tb.php/360-39136354

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kiyo

Author:kiyo
北九州近郊の山歩きを中心に
紹介しています

検索フォーム