スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国銀聯カードを使う

中国に駐在している時に作った中国某銀行の銀聯カードに少しお金が残っていた。
中国に出張した時に使えるので放置していたら、だいぶ状況が変わってきた。
 ・リタイヤしたので中国で使う事がなくなった。
 ・日本でも銀聯カードを使える所が多くなった。
 ・円安が進み条件が良くなった。

一方、中国に滞在していた仲間の話では
 ・日本から銀聯カードでお金を下ろせなくなった。
 ・銀聯カードは3年くらい使っていないと凍結される。
などなどの話 もしかすると凍結されたかも?

ginren.jpg
中国銀聯カード

気になったので、近くのセブンイレブンで実際に使ってみた結果、
ATMは中国語・英語・韓国語・スペイン語のみで日本語は使えない。
仕方なく中国語で操作したが、無事にお金を下ろす事ができた。
明細は中国語、残額はあるが手数料やレートの明記はない.。

ネットで調べてみると、ゆうちょ銀行の方がレートが良く、日本語が使えるとかの情報もある。
便利良くなったものだと感心です。
次はゆうちょ銀行で試してみるか・・・

後日、ゆうちょ銀行で試してみた結果
ATMは日本語対応となっており、簡単に下ろすことができた。
明細は日本語だが、残額の明記、手数料やレートの明記はない。
手数料は、一般の両替と同じように両替レート差で取っているようだが、レートを明記しないのは問題だな。
結局、どっちが良いか評価不能。


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mkiyo11.blog.fc2.com/tb.php/236-00dddfb2

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kiyo

Author:kiyo
北九州近郊の山歩きを中心に
紹介しています

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。