「オオカミ追跡18年」という本

大峰山の情報を探していたら、昔、読んだ本を思い出した。
昭和45年に発行された、斐太猪之介さんの「オオカミ追跡18年」という本だ。
大峰山系にある前鬼の宿坊 小仲坊をベースに、
絶滅したと言われている日本オオカミを探しまわる話である。
昔読んだ時には、大峰山系には全く興味がなかったが、改めて読み直してみると、
行った事のある場所や、知っている場所が数多く出てくるのでおもしろかった。
前鬼の小仲坊は、是非行ってみたい所だ。

180629IMG_0735.jpg
昔、読んだ本を読み直した
スポンサーサイト

扇ヶ鼻ミヤマキリシマ

  • 2018/06/07 19:54
  • Category: 九重
今年8回目のミヤマキリシマは扇ヶ鼻。
少し青空が足りないが、スタート早々素晴らしい雲海に感動!!
扇ヶ鼻のミヤマキリシマはちょうど見頃という感じ。
時期と天気を考えると、これが最後のミヤマキリシマになりそうだ。

180607IMG_4982.jpg
素晴らしい雲海が出ていた

180607IMG_4993.jpg
扇ヶ鼻のミヤマキリシマも良さそうだ

180607IMG_5011.jpg
最高のミヤマキリシマが見られた

180607IMG_5016.jpg
わいた山側のミヤマキリシマもなかなかだ

180607IMG_5017.jpg
ミヤマキリシマの向こうに祖母傾連山が

三俣山ミヤマキリシマ

  • 2018/06/04 13:35
  • Category: 九重
三俣山のミヤマキリシマを見るのは何年振りだろうか?
鉱山道路駐車場を6時半にスタート。
雲一つない青空の下をすがもり越えめざして登る。
三俣山南面のミヤマキリシマは、今がピークという感じだ。
思っていた以上のミヤマキリシマが見られて気分は最高!!
下りは、少し手抜きして南峰とⅣ峰のコルからダイレクトに下る。

180604IMG_4917.jpg
雲一つない青空の下を行く

180604IMG_4937.jpg
三俣山南斜面のミヤマキリシマは最高!!

180604IMG_4954.jpg
万年山の向こうに英彦山が綺麗に見えた

180604IMG_4956.jpg
本峰に登る途中からわいた山を見る

180604IMG_4959.jpg
ミヤマキリシマの向こうは九重連山

180604IMG_4964.jpg
本峰から  遥か彼方に由布岳が見える

180604IMG_4979.jpg
南峰とⅣ峰のコルからダイレクトに下る

玉ねぎの収穫

  • 2018/06/01 10:51
  • Category: 自宅
昨年の秋に玉ねぎの苗を200本植えていたが、これを収穫した。
肥料をやらなかったせいか? 全体的にに小さいのが多かった。
苗代がやっと出たかなという感じだ。
跡地を耕して、とりあえずキュウリ2号を植えたが、次は何を植えるか・・・

180601IMG_4911.jpg
収穫した玉ねぎ   肥料不足か? 全体的に小さい

180601IMG_4908.jpg
玉ねぎ栽培の跡地整備

180601IMG_4909.jpg
きゅうり2号を植える

大崩の辻ミヤマキリシマ

  • 2018/05/25 16:25
  • Category: 九重
順番が逆になったが、大崩の辻に行って来た。
朝方は雲が多かったが、ラッキーな事にだんだんと青空が出て来た。
初めての大崩の辻だったが、思っていた以上にミヤマキリシマがあった。
人が少なく楽に登れる割には多くのミヤマキリシマがある・・・  
新しい穴場発見だ。

180525IMG_0686.jpg
まずは黒岩山をめざす

180525IMG_0694.jpg
左側のピークが大崩の辻

180525IMG_0713.jpg
大崩の辻西側には素晴らしいミヤマキリシマがあった

180525IMG_0715.jpg
ミヤマキリシマの中をおにぎり山側の突端まで行く

180525IMG_0718.jpg
おにぎり山側の突端からの景色

平治岳ミヤマキリシマ

  • 2018/05/24 14:09
  • Category: 九重
ミヤマキリシマ巡りは低い山から順番の予定だったが
天気が良いので途中をパスして平治岳へ。
大戸越近くは満開状態、頂上付近は七分咲きという状況だ。
天気良し、人は少なし、花は最高!!

しかし、一眼レフを持って来るのを忘れたので、コンデジで代用。
広角が28mmなので、少し視野が狭くなったのが残念だ。
まあ、一足お先に平治岳のミヤマキリシマが楽しめたので、良しとするか・・・


180524IMG_0639.jpg
大戸越の近くは満開状態

180524IMG_0649.jpg
南峰から九重連山を見る

180524IMG_0667.jpg
南峰から本峰を見る  ノリウツギを伐採したので斜面が凸凹になっている

180524IMG_0652.jpg
本峰のミヤマキリシマは七部咲き程度

180524IMG_0657.jpg
ミヤマキリシマの絨毯

崩平山ミヤマキリシマ

  • 2018/05/15 19:15
  • Category: 九重
九重周辺でミヤマキリシマが見れるのは1200m級くらいだ。
あまり期待できないが崩平山に行って来た。
ミヤマキリシマは満開状態だったが、あまりにも数が少なかったので
寂しい花見山歩きとなった。

180515IMG_4847.jpg
横断道路沿いに車を置いてスタート

180515IMG_4851.jpg
新緑の中を行く

180515IMG_4854.jpg
ミヤマキリシマが見えて来た

180515IMG_4855.jpg
頂上付近のミヤマキリシマは満開状態

猟師岳ミヤマキリシマ

  • 2018/05/11 20:27
  • Category: 九重
午後からは猟師岳へ
石楠花は既に遅く、ミヤマキリシマは早すぎるという感じだった。
万年山に比べると300m高いから、花が見れるのは一週間先だろう。

180511IMG_4809.jpg
新緑のスキー場を行く

180511IMG_4818.jpg
ミヤマキリシマは蕾状態だった

180511IMG_4821.jpg
頂上のミヤマキリシマ

180511IMG_4823.jpg
途中の岩峰から九重連山を見る

180511IMG_4825.jpg
岩場に咲くミヤマキリシマ

万年山ミヤマキリシマ

  • 2018/05/11 11:23
  • Category: 九重
昨日に引き続きミヤマキリシマを見に万年山に行ってきた。
由布岳の横から昇る日の出を見ようと思っていたが、残念ながら15分程度遅れ。
ミヤマキリシマは三分咲き程度だが、中には満開に近い株もあった。
ピークは10日程度先か? 

180511IMG_4753.jpg
朝の由布岳  日の出を見ようと思っていたが、15分程度遅れてしまった

180511IMG_4761.jpg
九重連山を横目で見ながら進む

180511IMG_4773.jpg
お花畑のミヤマキリシマ  全体的には三分咲きという状況

180511IMG_4780.jpg
満開に近い株もある

180511IMG_4792.jpg
頂上付近のミヤマキリシマ   遥かかなたに英彦山が見える

180511IMG_4803.jpg
山小屋手前のミヤマキリシマ

180511IMG_4806.jpg
これで予定終了  3人目の登山客がやってきた

おにぎり山ミヤマキリシマ

  • 2018/05/10 20:20
  • Category: 九重
天気が良いので、簡単に登れるおにぎり山にミヤマキリシマの偵察に行ってきた。
今はどこでも歩けるので、おにぎり山頂上まで草地の中を直登。
空気が澄んでいたので最高の景色が見られた。
ポツポツとあるミヤマキリシマはだいぶ咲いていた。
少し早いかもしれないが、そろそろミヤマキリシマ巡りを始めるか・・・

180510IMG_4708.jpg
おにぎり山に新緑の中を直登

180510IMG_4715.jpg
途中からわいた山を見る

180510IMG_4722.jpg
25分でおにぎり山頂上に到着

180510IMG_4721.jpg
ミヤマキリシマがだいぶ咲いていた

大崩山アケボノツツジ

久しぶりに大崩山アケボノツツジを鑑賞に山仲間と二人で行ってきた。
4月23日 大崩山荘を拠点に、坊主岩からリンドウが丘を経由して湧塚経由で下山。
天気が悪くガスの中だったが、アケボノツツジは満開状態。
ガスの中で見るアケボノツツジも良いものだ。
4/24,25は雨のため山小屋に停滞、食って・飲んで・寝て・・・ 
休養になりすぎの大崩山だった。

*最終日に大崩研修棟に泊まろうと、美人湯に予約を入れたが「今は宿泊できない」との回答。
後日、ネットで調べてみると、問題を起こした輩がいて地元から反感を買ったようだ。
同様に、駐車場もテント泊禁止!! こちらもいろいろ問題があったようだ。
マナーを守り、地元に歓迎される登山者にならなければならないのに・・・ 残念だ。

180423IMG_0554.jpg
祝子川の水はカラカラ  小積ダキはガスの中で見えない

180423IMG_0572.jpg
ヒカゲツツジの群生

180423IMG_0578.jpg
坊主岩の上部に出る

180423IMG_0584.jpg
象岩下をトラバース

180423IMG_0599.jpg
小積ダキ分岐付近のアケボツツジは満開状態

桜ウォーク

今川沿いの桜が満開なので、久しぶりにウォーキング。
目的地は最大で油木ダム、最低で源じいの森だ。
天気は最高!! 菜の花もだいぶ残っており、桜と菜の花のコラボが楽しめた。
源じいの森駅前にある食堂で唐揚げ定食を食べようと立ち寄ったら、店主が入院で臨時休業中。
結局、その先の油須原駅まで歩き、ここから平成筑豊鉄道の”なのはな号”で引き返し。

180402IMG_4451.jpg
旧国道10号線下を6:11スタート  桜はこの辺が一番綺麗だが・・・

180402IMG_4464.jpg
桜並木のサイクリング道路を行く

180402IMG_4483.jpg
菜の花もだいぶ残っている

180402IMG_4494.jpg
崎山の木製沈み橋  お気に入りの場所だ

180402IMG_4503.jpg
崎山駅前を走る”なのはな号”

180402IMG_4515.jpg
油須原駅まで歩き、ここから”なのはな号”に乗って引き返し 10:48

阿弥陀越岩峰巡り

  • 2018/02/25 21:47
  • Category: 国東
2月24日 
昨日と反対側の尻付岩屋から大不動岩屋に立ち寄り、阿弥陀越へ
阿弥陀越から黒木山側の岩峰を歩き、途中で引き返して
太郎天岩屋経由でスタート地点へ。
昨日の一望岩から高岩コースに負けず劣らずの良いコースだ。

180224IMG_4220.jpg
大不動岩屋  いつ見ても飽きない景色だ

180224IMG_4201.jpg
途中の岩峰から大不動岩屋を見る

180224IMG_4228.jpg
向こうは、昨日歩いた後野越側の岩峰

180224IMG_4232.jpg
太郎天岩屋上の岩峰からも大不動岩屋が見える

180224IMG_4238.jpg
岩峰を下り途中のピークまで行き、引き返して太郎天岩屋経由で下る

高岩

  • 2018/02/25 21:13
  • Category: 国東
2月23日 
予てから行きたいと思っていた高岩。
高岩だけでは少し物足りないので
夷から後野越を越えて阿弥陀越まで行き、引き返して高岩経由で夷へ下山。
国東半島の絶景が楽しめる中々のコースだ。

180223IMG_4174.jpg
夷から薄暗い谷道を登る  

180223IMG_4187.jpg
阿弥陀越まで行き、引き返して一望岩へ

180223IMG_4188.jpg
一望岩からの景色は最高!!

180223IMG_4204.jpg
高岩をめざして岩峰を行く

180223IMG_4209.jpg
高岩へ到着

天念寺修正鬼会

  • 2018/02/25 17:34
  • Category: 国東
2月22日 
久しぶりに天念寺修正鬼会へ
今年は、講堂内の行事を中心に撮影するために場所取り。
災払鬼が始まると、火の粉を浴びながら講堂内を右往左往・・・
服を焼かれないよう綿のシャツを着こんで臨んだが、襟に大きな穴が開いてしまった。
首の中に火の粉が入らなかっただけでも良しとしよう。

180222IMG_3934.jpg
会場の天念寺講堂

180222IMG_3955.jpg
垢離取り  川中不動前の岩の上で僧侶が読経

180222IMG_4087.jpg
災払鬼の身支度  この後、院主が浄水を吹きかけると鬼になる

180222IMG_4131.jpg
荒鬼参上

180222IMG_4138.jpg
災払鬼と荒鬼による火合わせ   この後、鬼の目まきで場内は騒然となる

Pagination

Utility

プロフィール

kiyo

Author:kiyo
北九州近郊の山歩きを中心に
紹介しています

検索フォーム